出荷予測ソリューションとは

気象の影響を受けやすい露地栽培などの農作物の収穫時期や収穫量の予測を可能にするシステムです。
栽培情報、生育情報、気象情報等をインプットに産地独自の予測アルゴリズムで生成した
出荷予測データを農家の農業経営やJAの選果、販売活動に活用する事で、
産地全体の販売高向上や業務合理化に寄与します。

関係図修正

農業における出荷予測の重要性とは

農作物の収穫時期や収穫量の予測は、食品ロスの削減や農業労働力平準化などを通じて、
生産者の所得向上や、産地全体でのコスト削減を通じた持続的な成長の為の
重要な手段の一つとして注目されています。
一方で、気象の影響を受けやすい農作物の収穫時期を見極める為には、
高いレベルの栽培知識や複数のデータを組み合わせた判断等、
高度な技術が求められ予測精度の向上や再現性に課題があります。

よくあるお悩み

  • 精度の高い出荷見込みデータを用いた販売交渉

  • 気象等に対応したリアルタイムな出荷見込みの作成

  • 予測ノウハウの属人化

  • 産地全体の生育状況把握

  • 収穫量に応じた雇用計画の策定

よくあるお悩み

導入効果

  • 正確な収穫見込みを販売戦略に活用

  • 属人ノウハウに頼らない予測運用が可能

  • 生産者が収穫適期を事前把握することによる秀品率向上

  • 正確な収穫ピークの把握による収穫・専果作業の雇用計画最適化

  • 収穫予定データで巡回團場を絞り込み営農指導の効率化

  • 最短3か月で産地独自の出荷予測モデルを設計

導入効果

出荷予測ソリューション 3つの特徴

support_num_01-2

栽培品目や産地に合わせた
出荷予測モデルの構築を支援

right産地に蓄積された過去栽培データの活用

right生産者やJA職員の経験知の活用

right日々の気象情報や定植実績の活用


産地に蓄積された定量・定性データの活用により短期間で実用的な出荷予測モデルの構築を実現します。

03_feature

 

support_num_02-3

広域のインプットデータの
収集・蓄積が可能

right集荷場や選果場等の現場業務データ

right紙の帳票からOCR読み取りしたデータ

right生産者が記録した作業履歴や生育状態等の圃場データ


上記のほか、「HalexDream!」と連携しており、全国任意の地点の気象データを活用する事が可能です。

04_feature

 

support_num_03-2

産地が独自にPDCAを回すことで予測精度の向上が可能

rightレポーティング機能で出荷予測モデルを検証・改善できる

right営農指導員や販売員の手で出荷予測モデルを補正可能

right病害虫や異常気象などの現実の変化に柔軟に対応できる


上記のほか、当社がお客様に代わって出荷予測モデルの設計・構築・改善を行うコンサルティングサービスも提供しております。詳しくはお問い合わせください。

05_feature3

 

導入と活用の流れ

産地での出荷予測運用をスタートするために、NTTデータが伴走支援させていただきます。
初年度
01過去データの確認、収集

過去数年分の栽培履歴、出荷実績データ等、出荷予測に関連するデータの有無を確認します。
また、収穫見込を把握する為に、現在産地で指標としている事項の確認も行います。

02過去データの分析/出荷予測モデルの設計

収集した過去数年分のデータを元に分析を実施し、出荷予測モデルを設計します。
その出荷予測モデルを机上検証するとともに、業務ルール、職員の役割分担など出荷予測業務の検討/整理を行います。

03出荷予測モデルの活用/運用

出荷予測実運用の支援を行います。

2年目以降
04出荷予測精度の検証/分析

出荷実績、販売実績データと出荷予測データを比較し、精度検証します。

05出荷予測モデルの改善検討

出荷予測業務/出荷予測モデルの課題を検討します。
必要に応じて、出荷予測対象産地の拡大についても検討します。

お客様の声・導入事例

あい作 出荷予測ソリューション」を導入し、
自己改革に取り組むJA様の事例を動画でご紹介しております。
ぜひ御覧ください。

HubSpot Video

あい作に関するご相談・ご質問は、お気軽にお問合せください

お役立ち資料

あい作出荷予測ソリューションのご紹介

あい作出荷予測ソリューションの概要と特徴をご紹介しています。

solution_download

あい作に関するご相談・ご質問は、
お気軽にお問合せください